WordPressを間違わないでインストールする方法(シニア講座3回目)

サーバーのコントロールパネルをよく見ると「簡単インストール」という機能がついていることがほとんどです。
世界中のブロガーやコーポレーションサイトでも使われるWordPressですので、誰でも簡単にインストールできる機能は有難いものです。

ところが、簡単インストールで完了!・・・と、いきなり記事の投稿など始めるのは危険な行為です。
簡単インストールのままでは、サイトの改竄などセキュリティ上の問題が残ったままなのです。
簡単インストールと簡単インストールを使わないWordPressの正しいインストール手順を解説します。

WordPressインストール前の準備

簡単インストールする場合でも事前に準備をしたいことがあります。

  • FTPクライアントのインストール
  • データベース(MySQL)の作成

FTPクライアントは簡単インストールでは使いませんが、後々必要になりますので先にインストールしておきましょう。
データベースは簡単インストールの場合には自動的に作成されるので、通常のインストールをする場合に作成して下さい。

FTPクライアントのインストールと設定

FTPクライアントとはレンタルサーバー内にあるFTPサーバーにファイルをアップロードしたり、FTPサーバーからファイルをダウンロードしたりするソフトです。

無料のソフトがあり、有名な3種類のソフトが多く使われています。

このうち「FFFTP」は日本人が開発したソフトなのですごく使いやすいです。
2011年に開発者本人はその後の開発を止めたのですが、ユーザーの有志がバージョンアップを重ねていて、セキュリティ面でも「マスターパスワード」を導入し、お勧めのFTPクライアントです。

ここではFFFTPのインストールと設定方法を解説します。

FFFTPをインストールする

FFFTPのインストールは以下のサイトからダウンロードできます。

ダウンロードしてパソコンにインストールします。
インストールが終わると左のようなアイコンがデスクトップに表示されます。

クリックして起動させます。

起動させると「ホスト一覧」が表示されますが、まだホストはありません。
[新規ホスト]をクリックします。

ホストの設定の[基本]タブの各項目にデータを入力します。

ホストの設定名
任意の名前をつけます。分かりやすい名前にします。
ホスト名
サーバーから取得した情報を記入します。
パスワード
FTPサーバーに接続する為のパスワード、任意に決めて下さい。
ローカルの初期フォルダ
フォーム横の参照ボタンを押して、[Documents]フォルダか、その下位のフォルダを指定します。
ホストの初期フォルダ
/ と入力するか、サーバーから取得した情報を記入します。

最後に[OK]をクリックします。

これでFFFTPの設定は出来ました。

[ホスト一覧]を表示して接続したいホストを選択して[接続]をクリックします。

[ホスト一覧]が表示されていない場合には、FFFTPの画面の上にある[接続]を押してさらに[接続]を押すと表示されます。

接続した状態が下の画像です。

左側にはローカルのフォルダ(自分のPC)の内容が表示されています。
右側がこのサイトのルートディレクトリ(最上位階層)の内容が表示されています。

ユーザー名について

つづいてデータベース作成の説明をするのですが、簡易インストールする方はここで読み飛ばすことになりますので、先にユーザー名を決める時の注意事項をお伝えします。

ユーザー名はドメイン名を使ったり、ドメイン名から類推されるような名前は使わないで下さい。

データベース(MySQL)の作成

簡易インストールでWordPressをインストールする方は、ここからは読み飛ばして最初のログイン画面からお読み下さい。

レンタルサーバーのコントロールパネルに[データベース]とか[MySQL]というメニューがあると思います。
データベースの設定はそちらのメニューページで行います。

データベース作成で設定する内容は次の通りです。

  • データベース名
  • データベースユーザー名
  • 接続パスワード
  • データベースホスト名

この中で「データベースホスト名」はサーバー側で指定されますが、他の3項目は自分で決めます。

データベース作成が終わったらこれらの4項目の内容を、記録しておいて下さい。WordPressインストールの際に使用します。

次ページにつづきます。