最低限必要なWordPressのプラグイン

スポンサーリンク

WordPressにはたくさんのプラグインがあり、様々な拡張機能を利用することができます。

インストールするプラグインが多くなると、サーバーにも負荷がかかりますので、ウェブの表示が遅くなります。
ここでは、最低限インストールしたいプラグインをご紹介します。

Akismet

WordPressはブログシステムですので、コメントやトラックバックの機能があります。
コメントやトラックバックは本来、閲覧者や他のインターネットユーザーとのコミュニケーションを図るツールなのですが、本来の使い方ではない方法でこれらのツールを使う訪問者が多数います。

これらのスパム(迷惑行為)からサイトを守るツールが「Akismet」です。

インストールして有効化にしてもすぐ使えません。
「APIキー」を取得しなければなりません。
APIキーの取得方法はこちらをご覧下さい。
APIキーの取得方法

Auto Post Thumbnail

記事の一覧表示や、関連コンテンツあるいは記事へのアクセスランキングなど、記事リストにサムネイル画像をアイキャッチとして設定するサイトが多くなっています。
文字だけの記事リストよりアイキャッチがあるとクリックされやすく、滞在時間が長くなるという傾向がありますが、アイキャッチ画像を記事ごとに設定する手間を省いてくれるのが「Auto Post Thumbnail」です。

Category Order and Taxonomy Terms Order

カテゴリーの表示順序を自分好みに設定できるプラグイン。
カテゴリーのタームをドラッグ操作で移動できるのですごく簡単です。

カテゴリーの順番を変えるプラグイン

カテゴリーの下層に子カテゴリーを移動するのもドラッグ&ドロップで簡単。

EWWW Image Optimizer

記事内に挿入する画像のファイルサイズを縮小するプラグイン。
以前の投稿記事の画像もまとめて縮小できるので、プラグインをインストールした時には忘れないで以前の画像も縮小するようにします。

以前の画像を縮小するには「一括最適化」を使います。

Google XML Sitemaps

新しい記事を投稿しても検索エンジンが認識してくれなければ、期待したアクセスはありません。
検索エンジン特にGoogleに新規記事を出来るだけ早く認識してもらうことが大切です。
検索エンジンにサイト内の記事を認識させるにはいくつか方法がありますが、「xml形式のサイトマップ」をGoogleに送付するのは有効な方法です。

ですが、サイトマップを更新のたびに作成して送付するのは面倒なもの。「Google XML Sitemaps」は、その面倒な作業を自動でやってくれるプラグインです。

PS Auto Sitemap

「Google XML Sitemaps」は検索エンジン用のサイトマップですが、「PS Auto Sitemap」はサイトへの訪問者の為のサイトマップです。

サイトマップ用の「固定ページ」を作成し、そこへ自動でサイトマップを表示させることができます。

新規記事の更新のたびに自動で作成してくれますので、効率よく最新の状態のサイトマップを用意できます。

WP Multibyte Patch

「Akismet」と同様に最初からインストールされているプラグイン。
日本語でブログを運営している場合は絶対に必要です。

WordPress Ping Optimizer

検索エンジンに新規記事の更新を知らせるPING送信をほとんどの人が利用しています。
PING送信は新規記事の投稿時だけでなく、更新時にも送信されています。
記事を投稿した後、修正などで繰り返し更新をすると、短時間で多量のPING送信を行うことになり、スパムと認定されるケースもあります。

そのようなスパム認定を防止するのが「WordPress Ping Optimizer」です。

PING送信は新規記事公開の時のみに設定できるようになりますので、必須のプラグインです。


以上がどんなサイトでも必ずインストールしたいプラグインです。
参考にして下さい。

プラグインはこの他

  • あると絶対便利なプラグイン
  • サイトの内容によっては必要なプラグイン
  • ここまであると便利なプラグイン

がありますので、後日お知らせする記事を投稿します。

[plugin01]

コメント