検索意図を検索結果とアクセス実績から読み取りタイトルを変えてみる実験

スポンサーリンク

「Web担当者Forum」に興味深い記事が昨年末に掲載されていました。
グーグルの検索結果から見えてくる「ユーザーの検索意図」の読み取り方
「検索意図を理解しユーザーの求めるものに対応したコンテンツを作成する」よく言われることなので意識しているつもりですが、なかなか実践できないことでもあります。

ここでは、上に紹介したページの記事に基づき、このサイトのあるページについて、ユーザーの検索意図にマッチしたコンテンツやタイトルになっているのかどうか検証してみます。

上位表示されているのにまったくアクセスされないページ

調べてみるのは「リッチスニペット 導入」で昨年8月以降から1位~2位をキープしている「リッチスニペットの導入方法と期待される効果」です。

リッチスニペットの導入方法と簡単な作り方~リッチリザルトに名称が変更
リッチスニペット(リッチリザルト)がすべてのサイトに有効ということは無いですが、ビジネスによっては他サイトとの差別化を図ることができる大きな要素になることもあります。検索結果にリッチスニペット(リッチリザルト)を表示させるには構造化データをマークアップする必要があります。構造化データのマークアップには「データ ハイライター」を使用します。

このページを選んだのはまったくアクセスが無いからです。
表示回数が無いわけではありません、それなりに表示されているのにクリックされません。

検索結果

この記事を書いている時は2位ですが、1位のサイト、3位のサイト共に「リッチスニペットの導入」について書かれているページであることが分かります。

タイトルやスニペットを見る限りでは、2位のサイトが特別アクセスする気にならないという感じはしません。

4位以降を見ても特別な違いがあるようにも思えません。
ただ一つ気になるのが、7位に表示されている「Google ウェブマスター向け公式ブログ」のページです。

もしかしたら検索ユーザーは「Google」の公式コンテンツを探していたのかとも考えられます。
表示されたページを一度スクロールして、お目当てのサイトを探し出すといった動きをする場合は、上位表示を飛ばして7位のサイトにアクセスするという行動はありそうです。
もしそうであれば、どんなに頑張ってもGoogle公式コンテンツにはかないませんので、あきらめますが、もうひとつ気になる点があります。

記事タイトルがもしかしたらユーザーのニーズに合って無いのかも知れません。

「リッチスニペットの導入方法と期待される効果」ですが、気になるのが“効果”という単語です。

ユーザーの検索意図を掘り下げてみると

  • リッチスニペット、構造化データの作り方
  • リッチスニペットの簡単な設定方法
  • リッチスニペットの具体的な書き方

要するにリッチスニペットについて具体的に解説している記事を探していると思われます。

リッチスニペットによる効果については充分わかっているので、書き方や作り方を手っ取り早く知りたいと考えているのかもしれません。

そんな観点からタイトルを見直してみると「効果については余計なこと」かも知れません。もう少し、直接的に「リッチスニペットの作り方についての記事です」ということをタイトルに表示するのがよいかも知れません。

そこで、当該の記事タイトルを「リッチスニペットの導入方法と簡単な作り方」
に変更して、アクセス状況の変化を確かめてみることにしました。

コメント