検索意図を考えたキーワードとタイトルそしてコンテンツ

スポンサーリンク

キーワードを考える際には、検索する人の検査意図を考えなければならないと言われます。なんとなく理解していますが、本当に理解してキーワードなりタイトルなり、記事の内容を考えているかというと、なかなか難しいものがあります。

ここでは事例を交えながら『検索意図を考える』について考えてみたいと思います。
事例として取り上げるのはまさにこの記事です。

事例からみる検索意図とキーワードの関係

この記事の例でいうと対策キーワードは「キーワード,検索意図」です。

「キーワード,検索意図」で検索する人は、どんなことが知りたくて検索するのか、検索する人はどんな人かなど、作成するコンテンツに関係する要素を考えてみます。

検索する人が知りたいこと

  • 検索意図を考えたキーワードの選び方
  • 検索意図を考えたキーワードの効果
  • 検索意図とキーワードの組合せを自動で作るツール
  • 「キーワード,検索意図」のキーワードで記事を作成する際の参考記事

検索する人の属性など

  • キーワードを考える時に「検索意図」を探ることが大切なことだと最近知ったウェブマスター
  • コンテンツ作成のマネージメントをしている人
  • コンテンツ作成を仕事にしているライター

Googleによると、検索クエリには3種類あると言います。

  • 取引型“Do”
  • 情報収集型“Know”
  • 案内型“Go”

「キーワード,検索意図」のキーワードは「情報収集型」クエリに該当します。
検索するユーザーはウェブ作成に関係する、どちらかというと専門性のある人物像が浮かび上がってきます。

この記事のキーワード対策として、まずターゲットユーザーを絞り込みます。
ターゲットユーザーを絞り込むと、検索回数は減少しますがキーワードのマッチングが向上するので、検索順位が上位に来る可能性が高まります。

逆に、ターゲットユーザーを広く設定すると、対象ユーザーは増えますが、競合サイトが増え競争は厳しくなります。

ここではターゲットユーザーを「コンテンツ作成のマネージメントをしている人」を対象にして、「検索意図を考えたキーワードの選び方」について書かれた記事を探しているケースにマッチングするように、タイトルや記事内容を構成したいと思います。

記事タイトルを考える

記事タイトルは“検索意図を考えたキーワードとタイトルそしてコンテンツ”としていますが、タイトル候補としていくつか考えられます。

  • ウェブマスターが押さえておきたいキーワードと検索意図
  • キーワードの裏にある検索意図を知る方法
  • 検索意図から考えるキーワードの選び方

設定しているタイトルよりも、より対象ユーザーを狭くしてウェブマスター向けのタイトルのように思います。

ターゲットユーザーに合致する記事構成

タイトルがかなり絞り込んだ表現になっていますので、記事構成もタイトルから受けるイメージを維持できる記事にしていきます。

  • メインキーワードと複合キーワードを設定する
  • それぞれの複合キーワードの検索意図を分類する
  • 複合キーワードから想定されるターゲットユーザーを分類する
  • ターゲットユーザーを絞り込み、複合キーワードに優先順位を付ける
  • 記事構成を複合キーワードの優先順位に従って目次を設定する

このような記事構成でページを作っていきます。

まとめ

キーワードの組合せだけを考えるのではなく、検索するユーザーのイメージを具体的にすることによって、ユーザーが求めているものがより具体的になります。
いくつか考え出した複合キーワードと、合致するユーザー像を整理すると、ユーザー別に伝えるべき情報の内容が見えて来ます。

記事を作る時も、そのような整理を先にすると「何を書くべきか!」が明確になります。
対象が漠然としていると記事の内容も漠然としたものになりますので、対象とするユーザーをイメージすることが、検索意図を把握できるコツのようです。

コメント