最低限覚えておきたいウェブ関係のプログラミング言語の種類

ウェブサイトの作成や、ブログASPの利用でブログを運営していると、自然に身についてくる知識が、HTMLとかCSSなどで使われる言語です。
ウェブ関連にはこれ以外にもいくつものプログラミング言語が使われています。

ウェブサイトのコンテンツ作成や、WordPressのカスタマイズをやる分には、先ほど上げた「HTMLとかCSS」さえ知っていれば何とかなるものですが、ウェブの世界は奥が深く、いろんなソースコードを使いこなそうとすると、知らないプログラミング言語に出会ったりします。

何について書いてあるのかある程度想像できると、応用の仕方も分かるのですが、『何のことを書いてるの?』と疑問に思う言葉に出会った時には、プログラミング言語の種類が分かると、解明の糸口を探ることも出来ます。

そこで、ここでは「これから出会うことがあるかも知れないプログラミング言語」の概要について記録しておきます。

プログラミング言語の種類

プログラミング言語は、大きく二つに分類されます。

  • クライアント側のコンピューターが使う言語
  • サーバー側のコンピューターが使う言語

クライアント側とは、つまり私たちがウェブサイトを見て情報を収集したり、そろそれ切れそうなコーヒー豆を注文したりするのに使っているPC、タブレット、スマホです。

サーバー側とは、クライアント側の求めに応じて、必要なデータを送ってくれるコンピューターです。

クライアント側が使うプログラミング言語

HTML
ハイパーテキスト・マークアップ・ランゲージの略。
プログラムというよりは、文法のようなものです。
文字や図形・画像をその通りに表示させる為の言語です。
CSS
カスケーディング・スタイル・シートの略。
文字や図形・画像の配置や大きさ、色などのビジュアル要素を命令する言語です。
JavaScript
ジャバスクリプトと読みます。
ウェブ上の文字や図形・画像に動きや変化をつけたりする言語。

画像やテキストをブラウザで閲覧できるように読み込み、見やすくなるように設定されたデザインや各要素の配置を、ウェブデザイナーが意図したとおりに表示させることが、これらのプログラミング言語によってできるようになります。

サーバー側が使うプログラミング言語

PHP
「HTMLのプリプロセッサ」と言う意味。
オープンソースのスクリプト言語。元々は「個人的なホームページ」と言う意味の「Personal Home Page」が由来。
小規模のウェブサイトを構築するCMS(コンテンツマネジメントシステム)は、ほとんどPHPによって作られています。
WordPressや無料ブログサイトなどもPHPによって作られたシステムです。
Java
サーバー側で動くシステムを作るコンパイラ言語。
大規模なウェブサイトやゲームソフトなどもJavaで作られています。
クライアント側の「JavaScript」とは異なります。
Ruby
日本人が生みだしたスクリプト言語で“ルビー”と読みます。
「Ruby on Rails」というフレームワークが生まれてからは、ウェブ開発の言語として使われるようになりました。
「GitHub」の管理システムの記述言語にもなっています。
Python
イギリスのコメディ「空飛ぶモンティ・パイソン」から名付けられたというスクリプト言語です。
最近になって人気が出てきた言語で、ソフトウェア開発の共有サービスサイト「GitHub」では、使用されている言語の第3位にランキングされています。

インターネットが始まったころのウェブサイトは、事前に作ったHTMLファイルをブラウザによって閲覧することがメインでした。
ウェブサイトでいろんなことが可能になってきて、ウェブ管理者と閲覧ユーザーとの間で、コミュニケーションが行われ、不特定多数のユーザーがウェブサイトに掲載されるコンテンツを作成し、同時に閲覧できるという“双方向性”がウェブのメインになってきた今日では、サーバー側のプログラミングどんどん開発されるようになり、プログラミングと言えばこういった役割をもつものを言うようになりました。

コメント