PIXLR EDITORのフィルターでできる画像加工のいろいろ

スポンサーリンク

メニューバーにある「フィルター」を使うだけで画像にいろいろな変化をつけることができます。
ひとつひとつ使うたびに確かめるのも面倒ですので、フィルター加工した見本をまとめてみました。

PIXLR EDITORのフィルター

この記事はボリュームが多くなりそうなので、数回に分けてアップする予定です。

アップ済みの記事

PIXLR EDITORを初めて使う人が99.9%理解できる徹底解説【4】

[フィルター]を使う画像の加工はクリックひとつでできる便利な機能です。

ぼかし
ぼかし

ぼかしボタンを10回繰り返した画像です 元画像はこちら

ボックスぼかし
ボックスぼかし

ダイアログボックスのぼかし量を調整して[OK]を押します

ガウシアンぼかし
ガウシアンぼかし

ダイアログボックスのぼかし量を調整して[OK]を押します

ぼかし加工をボタンひとつで出来る簡単機能ですが、ぼかし効果は1回目で紹介した“投げ縄ツール”と“ガウシアンぼかし”や、“一列選択ツール”と“選択部分の階調を反転する”周辺ぼかしの方が使いやすいと思います。
》》 1回目で紹介したぼかし


シャープ加工前
シャープ加工前
元画像です
シャープ加工後
シャープ加工後
[シャープ]を5回繰り返し押した画像です
マスクのシャープを消す
マスクのシャープを消す
量、半径、しきい値の設定をしてシャープの調整をします

ピンぼけした画像をシャープにする加工。
素材の状態によって使うことが多いかも知れません。


ノイズを消す前
ノイズを消す前
夜の写真などはノイズが多くなります
ノイズを消す後
ノイズを消す後
[ノイズを消す]を10回繰り返した画像です
ノイズ
ノイズ
きれいな夜の写真にノイズをつけてみました

ノイズを消すよりは、ノイズをあえてつける加工が面白いかも知れません。古ぼけた写真の雰囲気が出ます。


以下からはかなり加工の効果がはっきり出るタイプです。
画像の用途やメディアの種類によって面白い使い方ができると思います。

拡散
拡散
スキャンライン
スキャンライン
ハーフトーン
ハーフトーン
ピクセレート
ピクセレート
ポンインティンナインズ
ポンインティンナインズ
渦巻
渦巻
極座標
極座標
万華鏡
万華鏡
チルトシフト
チルトシフト
ビネット
ビネット
パステル
パステル
グラマーグロー
グラマーグロー
HDRを真似る
HDR
ホープ
ホープ
アートポスター
アートポスター
ヒートマップ
ヒートマップ
3連トーン
3連トーン
NightVision
NightVision
エンボス
エンボス
刻む
刻む
輪郭を見つける
輪郭を見つける

この記事はボリュームが多くなりそうなので、数回に分けてアップする予定です。

アップ済みの記事

コメント