Googleマイビジネスを活用して地域ナンバーワンのサイトにする(シニア講座22回目)

スポンサーリンク

サイトのコンテンツを充実させることも大切ですが、サイトにお客さんを集める対策もやっておきましょう。
検索エンジンの掲載順位を上げる為の方法をSEO対策と言いますが、地域密着型のビジネスをやっている場合、SEO以外に検索結果(SERP)で上位にする方法があります。

マップ

MEO(Map Engine Optimization)とか「ローカル検索」に対応出来るように対策を施します。

Googleマイビジネスに登録する

Googleマイビジネスは以前「Googleプレイス」と名前で行われていたサービスです。

登録する情報や掲載ガイドラインについて説明します。

名前
ビジネスの名前
店舗名やサービス名など、○○弁当、家事代行、など検索で使われるような言葉を意識して名前を登録します。
住所
店舗や事務所の所在地を正確に記載します。店舗が複数ある場合は店舗ごとに登録します。
電話番号
担当部署に直接つながる電話番号を2件まで登録できます。携帯電話でも大丈夫です。
ウェブサイト
SarchConsoleに登録してあるウェブサイトを登録します。
カテゴリ
登録できるカテゴリがあらかじめセットされています。カテゴリ候補を入力すると表示されるので、候補から選択します。

ここまで初期登録をするととりあえずOKです。
ビジネスオーナーの所有権確認の為に、Googleから葉書が送られてきます。

葉書が届いたら所有権確認の為の情報が記載されていますので、マイビジネスにログインして手続きをします。

葉書が届くまでの間に

  • 営業時間のお知らせ
  • サービスメニューを作成
  • 写真をアップロード

など、ビジネス情報を完成させて、ユーザーへの効果的なPRができるよう準備をしておきましょう。

ローカル検索で上位表示するとアクセスが増大

レストラン札幌

上の画像は「レストラン 札幌」でGoogle検索したスマホのキャプチャーです。

自然検索の結果の上に3件のローカル検索結果が掲載されます。
掲載されているサイトのデータは、マイビジネスに登録されているものです。

つまり、ローカル検索の結果が掲載されるようなキーワードでは、ローカル検索が優先されるわけです。
地域密着で行っているビジネスであれば、ローカル検索にひっかかりやすく、アメリカと違って、まだまだ日本ではマイビジネスの活用はすごく少ない現状です。
ライバルサイトが増える前にマイビジネスを活用し、顧客を増やしてどんどんクチコミを投稿してもらうと、上位を確保できる可能性が大きくなります。

Google+が全然役に立たなかったと感じている人がいるかもしれませんが、ユーザーの位置情報が検索エンジンに伝わるようになった今日、Googleマイビジネスは集客の大きなツールになる可能性があります。

コメント