画像の引用で必要なクレジット表記と著作権判例

スポンサーリンク

サイトのコンテンツの一部として、他のサイトに掲載されている画像などを掲載したいという場合があります。このサイトではアイキャッチ画像は基本、著作権フリーの画像を使っているので、アイキャッチはいいのですが、コンテンツ内で使う画像をフリーの画像から探し出すことはほとんど無理なことです。

コンテンツ内で使う画像は、商品であったり、特定の風景であったりと、非常に限定された固有のものの画像です。
そのような画像を自サイトに掲載することは、著作権法上どのような問題があるのでしょうか。

著作権侵害となるケースならないケース

ウェブサイトに記載された文字、画像、図表など、すべて著作物です。
このサイトのこの記事も著作物ですので、著作権は私にあります。
したがって自らの著作権を主張しつつ、著作権の尊重を促す為、法人サイト等では“著作権”についてしっかりと明記されていることが多いものです。

著作権は法律によって守られていると共に、著作物を第三者が活用することも認められています。
それが引用です。

例えば、法人サイトには下のような著作権に関する“引用”についての注意書きがあります。

「引用」についてもご注意ください。著作権法第32条で「公表された著作物は、引用して利用することができる」との規定があり、同法では、権利者の事前の許諾なく引用することを規定していますが、同法32条ではさらに「この場合において、その引用は、公正な慣行に合致するものであり、かつ、報道、批評、研究その他の引用の目的上正当な範囲内で行なわれるものでなければならない」と定めています。単にかぎかっこを付け出所を表示しただけでは、判例等で示されている要件を充足せず、著作権法第32条で定めている「引用」には該当致しませんのでご注意ください。

引用:日経BP社

他サイトに掲載されている画像を自分のサイトに掲載しようとする場合、形式としては“引用”にあたります。
ただし、いくつか守らなければならないポイントがあります。

  1. 引用しようとする画像は公表されているもの
  2. 画像を掲載しようとしているページはオリジナルなもの
  3. オリジナルな部分と引用した部分が明確に区分されている
  4. 引用するものに対してオリジナルなものの比率が充分に多い
  5. 引用元を明記

*法律用語は分かりづらいので分かりやすく表現しました

画像の引用にあたっては、5つのポイントに注意をしてクレジット表記するようにしましょう。

引用に関しては画像の他、文章の引用も同様に注意をしましょう。

参考判例などと免責事項

画像の引用に関する著作権法上の注意点を書いてみましたが、法律の専門家ではありませんので、正しく表現されていない部分があるかもしれません。
以下の判例やサイトの記事も参考にして、確認をしてみて下さい。

コメント