広告

ブラウザごとのキャッシュ削除の方法

ウェブサイトのデザイン変更などをやっている場合、HTMLサイトをローカルでやる分には問題ないのですが、WordPressのテーマ変更やページ内の要素のちょっとした変更など、繰り返し行っていると、修正したところが反映されなかったり、デザインが崩れてしまうことがあります。

この原因はブラウザに残っているキャッシュの影響です。
キャッシュとは、これまでに表示されたウェブページのデータを一時的にPCに保存する機能です。
以前に閲覧したサイトのキャッシュが残っていると、ウェブページの表示速度が速くなり大変快適にウェブページを閲覧できます。
よく言われる『サクサク』というやつです。

ところがこのキャッシュが残っているおかげで、『さっきから修正しているCSSファイルの変更点が反映されない』なんて現象が起こるわけです。
そこで対策として行うのがキャッシュの削除です。

ブラウザに残ったキャッシュの削除はブラウザごとに行います。
管理人のPCにインストールしているブラウザについてキャッシュクリアの方法をお伝えします。

Google Chrome のキャッシュ削除

Google Chromeを立ち上げます。
キーボードのF12を押すか又は、アドレスバーの一番右側にある「設定ボタン」を押し、「その他のツール」の「デベロッパーツール」をクリックし、アドレスバーの左にある「更新ボタン」を右クリックすると「キャッシュの消去とハード再読み込み」をクリックすると完了です。

Google Chrome のキャッシュ削除の手順

Firefox のキャッシュ削除

Firefoxを立ち上げます。
いちばん上のメニューから「履歴」をクリックします。
「最近の履歴を消去」を選択してクリック、消去する期間を選択して「キャッシュ」にチェックを入れて「今すぐ消去」をクリックして完了です。

Firefox のキャッシュ削除の手順

Microsoft Edge のキャッシュ削除

Microsoft Edgeを立ち上げます。
アドレスバーの一番右側にある「詳細ボタン」を押し「履歴」を選択します。
「すべての履歴をクリア」をクリックして、削除する項目から「キャッシュ」を選択し「クリア」ボタンをクリックして完了です。

Microsoft Edge のキャッシュ削除の手順

Internet Explorer 11 のキャッシュ削除

Internet Explorer 11を立ち上げ、メニューから「ツール」を選択し「インターネットオプション」をクリックします。
「全般」タブを選択して「閲覧の履歴」の「削除」ボタンをクリックします。
「閲覧の履歴の削除」から「インターネット一時ファイルおよびWebサイトのファイル」を選択して「削除」ボタンをクリックして完了です。

Internet Explorer 11 のキャッシュ削除の手順

Internet Explorer 11 のキャッシュ削除の手順

広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする